Visual Studio CodeでDockerを管理する

アプリケーション
スポンサーリンク

Visual Studio Code用のEXTENSIONがリリースされていました。
GUIで管理できる部分が増えましたが、すべてのコマンドが実行できるわけではないので

EXTENSIONをインストールする

dockerで検索すると表示されます。
Microsoftが作成したEXTENSIONとなります。

dockerのアイコンが追加されます。
基本的な内容が一覧で確認できるようになっています。

dockerのイメージを取得する

VSCode上では実行できないようなので、コマンド実行する必要があります。
「docker search」「docker pull」で取得します。
今回はCentOSのイメージを取得してみました。
「IMAGES」に取得したイメージが表示されます。

コンテナを起動する

イメージを右クリックし「Run Interactive」を実行するとコンテナが起動します。オプションの指定はできないようなのでポートフォワードの指定を行う場合などはコマンドから実行しましょう。

コンテナを右クリックするとメニューが表示されます。
起動/停止を行うこともできますし「Attach Shell」「Attach Visual Studio Code」を選択するとポートをSSHのポートを開放することなくコンテナに接続することができます。

まとめ

現時点ではdockerコマンドでイメージ取得、コンテナ作成を行い、その後Visual Studio Codeで管理するという方針が良いと思います。
今実装されている内容だと「表示」のみのものが多いので管理をコンテナを作成したり、イメージを作成するということができません。
今後のバージョンアップで機能が追加されることを期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました