Cloud

Cloud

Systems Manager(AWS)

SSMと呼ばれる管理ツールになります。主にEC2の管理に使用されます。 SSM Agent SSMでの管理を行う場合はエージェントをインストールしておく必要があります。AMIイメージからEC2を作成した場合はデフォルトでインス...
Cloud

RDS/Aurora(AWS)

インフラ構成は異なるのですが、リレーショナルデータベースサービスとして考える場合は同じ括りにして良いと考えています。RDSがリリースされたおかげでデータベース設計だけでなく運用保守もグッと楽になりました。 RDSを使うかどうか ...
Cloud

Simple Notification Service(AWS)

SNSと呼ばれるメッセージ通知サービスになります。 20190604 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Simple Notification Service (SNS) from ...
スポンサーリンク
Cloud

S3(AWS)

S3はAWSのストレージサービスになります。大容量なストレージを低価格で使用できますが、その代わり速度は期待できません。一般的にはログやデータの保管用として使用されます。 ストレージクラス S3を使用する場合、ストレージクラス...
Cloud

CloudFront(AWS)

CloudFrontはAWSのCDNサービスになります。クライアントへのレスポンスを高速化するとともに、静的コンテンツをキャッシュしてバックエンド(オリジンと呼ばれます)へのアクセス及び負荷を下げることができます。 2019...
Cloud

IAM(AWS)

IAMはユーザーアカウントとユーザーアカウント権限を管理するサービスと思われがちですが、実際には「ユーザー及びAWSサービスの権限管理」が主な機能になります。権限設定を行い「ユーザーに割り当てる」のか、「EC2などのS3に割り当てるのか」...
Cloud

WAF(AWS)

WAFはCloudFrontやELBに対して設定を行い不正な通信を遮断します。 守備範囲 AWSの各サービスで守備範囲が異なります。 WAFはL7のアプリケーションレイヤーが守備範囲となります。 20200...
Cloud

Elastic Container Service(AWS)

ECSと呼ばれるAWS上でDockerコンテナを実行するサービスです。Dockerコンテナを管理するECR(Elastic Container Registry)とセットで使用されます。 ECSはECRのDockerイメージと実行環...
Cloud

Simple Email Service(AWS)

SESと呼ばれることがおおいですが、メール送信サービスとなります。デフォルトでは25番ポートの外部通信はAWSの使用上制限がかかっています。そのため、メールを送信する場合はSESを使用するかSendGridなどの外部メール配信サービスを使...
Cloud

Cognito(AWS)

CognitoはWebアプリの認証機能を肩代わりするサービスになります。アクセス部分はアプリケーション実装となりますが、インフラ面として考慮しておく部分を整理してみます。 20200630 AWS Black Belt On...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました