WebLogic起動設定

アプリケーション
スポンサーリンク

ディレクトリ構造

前回の内容でインストールすると、基本となるディレクトリは「u01/user_projects/domains/base_domain」になります。
ここが基準となります。

$ pwd
 /u01/user_projects/domains/base_domain
$ ls -l
 total 44
 drwxr-x--- 2 oracle oinstall 4096 Mar 15 10:51 autodeploy
 drwxr-x--- 6 oracle oinstall 4096 Mar 15 10:51 bin
 drwxr-x--- 8 oracle oinstall 4096 Mar 15 10:51 config
 drwxr-x--- 2 oracle oinstall 4096 Mar 15 10:51 console-ext
 -rw-r----- 1 oracle oinstall  327 Jul 19  2017 fileRealm.properties
 drwxr-x--- 3 oracle oinstall 4096 Mar 15 10:51 init-info
 drwxr-x--- 2 oracle oinstall 4096 Mar 15 10:51 lib
 drwxr-x--- 2 oracle oinstall 4096 Mar 15 10:51 nodemanager
 drwxr-x--- 2 oracle oinstall 4096 Jul 19  2017 resources
 drwxr-x--- 2 oracle oinstall 4096 Mar 15 10:51 security
 -rwxr-x--- 1 oracle oinstall  254 Mar 15 10:51 startWebLogic.sh
$ 
スポンサーリンク

WebLogic起動

以下コマンドを実行してWebLogicを起動します。
途中でユーザー名/パスワードを要求されます。これはインストール時に設定した管理画面へログインするためのユーザー名/パスワードになります。
RUNNINGのメッセージが出て停止したら、一度「Ctrl + c」で停止します。

$ /u01/user_projects/domains/base_domain/startWebLogic.sh
  Enter username to boot WebLogic server:weblogic
  Enter password to boot WebLogic server:
  <Mar 15,2020 11:21:24,509 AM UTC> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000360> <The server started in RUNNING mode.>
  <Mar 15,2020 11:21:24,676 AM UTC> <Notice> <WebLogicServer> <BEA-000365> <Server state changed to RUNNING.>

管理サーバー自動起動設定

管理サーバーのディレクトリに移動します。
「security」ディレクトリを作成し「boot.properties」ファイルを作成します。

$ pwd
 /u01/user_projects/domains/base_domain/servers/AdminServer
$ mkdir /u01/user_projects/domains/base_domain/servers/AdminServer/security
$ vi /u01/user_projects/domains/base_domain/servers/AdminServer/security/boot.properties

boot.propertiesファイルが起動時のユーザー名、パスワードを指定するファイルになります。
このファイルに以下の書式で設定します。

username=<ユーザー名>
password=<パスワード>

設定したら再度WebLogicを起動させます。
今度はバックグラウンドで実行させるので最後に「&」を付けます。

$ /u01/user_projects/domains/base_domain/startWebLogic.sh &

設定が正しければ、ユーザー名/パスワードを要求されずにWebLogicが起動します。
先ほど作成した「 boot.properties 」を見てみます。
伏字にしていますが、AESで暗号化された状態で保存されています。

$ more security/boot.properties
 Sun Mar 15 11:33:36 UTC 2020
 password={AES}XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
 username={AES}XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
 $

URLにアクセスします。
標準インストールであれば、「http://<IPアドレス>:7001/console」になります。
インストール時のユーザー名/パスワードでログインができれば成功です。

管理サーバーを停止する場合

プロセス停止しても良いのですが、お作法に従うのであれば以下コマンドを実行します。

$ /u01/user_projects/domains/base_domain/bin/stopWebLogic.sh

コメント

タイトルとURLをコピーしました