システムトレード(01/19)

システムトレード
スポンサーリンク

本日の売買戦略。

買いトレード

銘柄コード銘柄購入価格トレードルール
3902メディカル・データ・ビジョン284800101
3902メディカル・データ・ビジョン284800103
3921ネオジャパン192500102
9519レノバ433500102

売りトレード

銘柄コード銘柄購入価格利益トレードルール

ポジション

銘柄コード銘柄購入価格利益(01/19)利益(01/18)トレードルール
3464プロパティエージェント134100-5100-6000102
3835eBASE102600-3100-1400103
3850エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート310000-9500-12700102
3850エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート310000-9500-12700103
3965キャピタル・アセット・プランニング113000-3100-1700102
3965キャピタル・アセット・プランニング115200-5800-4400103
3983オロ449500-24000-22500103
6184鎌倉新書100700-13200-9200103
6196ストライク47050090007000100
6200インソース185000-7400-13900100
6200インソース187100-9500-16000101
7192日本モーゲージサービス119800-800103
8919カチタス315500-1000-5500102

所感

全体としてはプラマイゼロという印象。
バックテストは「全体的な傾向」判断を主として有効な売買ルールなのかどうかを判断するようにしています。
実際にルールを運用することで、バックテストで見えなかった問題や新たな課題が出てきます。
今の課題としては、購入金額の調整でしょうか。
想定よりもシグナルが多いような気がしています。
金額を絞るか、ルールをもっと厳密化しても良いかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました