システムトレードレビュー(2020/10)

システムトレード
スポンサーリンク

2020年9月から始めた機械学習によるシステムトレードの収支状況と結果の分析になります。
月の区切りは「購入日」で集計していきます。

今、トレードルールは2種類を使用しています。
今回は初めての結果集計なので、9月、10月の収支状況をまとめて記載します。

トレードルール1

銘柄コード銘柄購入日売却日購入価格利益
1805飛島建設2020/9/102020/9/161065005700
2130メンバーズ2020/9/102020/9/1616510011800
2338ビットワングループ2020/9/102020/9/15520002700
2427アウトソーシング2020/9/292020/10/69480014000
3903gumi2020/10/52020/10/8960004200
2352エイジア2020/10/92020/10/23249100-33900
2767フィールズ2020/10/92020/10/2634000-1400
3409北日本紡績2020/10/92020/10/2122900-2500
3538ウイルプラスホールディングス2020/10/92020/20/2661800-3200
3656KLab2020/10/92020/10/2697000-8500
3853アステリア2020/10/92020/10/2686600-6700
3909ショーケース2020/10/92020/10/2394200-10300
3937Ubicomホールディングス2020/10/92020/10/1529800021000
4331テイクアンドギヴ・ニーズ2020/10/92020/10/1966300-8000

9月の利益は「34200」10月の利益は「-49300」
10月は10/9のシグナルが軒並みマイナスの収益となっている。
日経平均としてはほぼ横ばいで変化は無い。
日経平均の値で回避することはできないと思われる。

今のところ、傾向は見つかっていない。
順張りのポジションもあれば、逆張りのポジションも存在する。
機械学習のルールであれば、人間の意志を介入させるのは間違っているのかもしれない。

トレードルール2

銘柄コード銘柄購入日売却日購入価格利益
6200インソース2020/9/32020/9/182731003700
7192日本モーゲージサービス2020/9/42020/9/8125000-22000
2163アルトナー2020/9/102020/9/2994000-3000
2427アウトソーシング2020/9/102020/9/29932001600
1443技研ホールディングス2020/9/182020/9/24284001700
9507四国電力2020/10/62020/10/2280800-1700
2884ヨシムラ・フード・ホールディングス2020/10/92020/10/19103600-22600
3415TOKYO BASE2020/10/92020/10/1940700-5200
3452ビーロット2020/10/92020/10/14773006600
3901マークラインズ2020/10/92020/10/26240000-11900
3928マイネット2020/10/92020/10/1413640012100
3937Ubicomホールディングス2020/10/92020/10/1529800021000
3963シンクロ・フード2020/10/92020/10/1935500-3900
3992ニーズウェル2020/10/92020/11/2691800-3800
6551ツナググループ・ホールディングス2020/10/202020/11/541900-100
1443技研ホールディングス2020/10/212020/11/630500-1500
3073DDホールディングス2020/10/222020/11/0271200-7044
6235オプトラン2020/10/23未売却209200####
1429日本アクア2020/10/28未売却70400####

9月の利益は「-18000」10月の利益は「-18400」
通年での収支が重要なので現段階では様子見を貫く予定。
10万以下では効果が出ないのかもしれない。
11月も傾向が続くようであれば10万

コメント

タイトルとURLをコピーしました