機械学習で株トレードを目指す(ベータリリース)

プログラム
スポンサーリンク

第一弾としての売買ルールが決定しました。
売買ルールとしては2種類を実装しています。
売買頻度は月に1回あるかどうかの頻度ですが、パフォーマンスとしては許容できる範囲になっています。

今回の売買ルールとしては「損をしない事」を目標にしているので売買回数は低くしています。
今までのルールは売買回数を高くして「損失を売買回数で補う」という方向でしたが機械学習を取り入れて新しい方式にしています。

テスト結果

2019,2020年の2年間でテストした結果が以下となります。
2019年をどう考えるかにもよりますが、2つのルールを組み合わせることによりプラス収支となるのでそこは妥協しようと考えています。
2020年については、約半年でのパフォーマンスであるが概ね良い結果が出ています。
特に、2月、3月の大きな下落相場を乗り切れたことを評価しています。
学習にデータの大多数を割り当てていますので予想期間が短くなっている部分も否めませんが、その点は運用しながら見ていきたいと考えています。

2019年2020年
トレード14,20042,800
トレード2-170099,600

今後の方針

8月中は動作確認期間と考え実際の売買は行いません。
シグナルが出るかどうかは微妙なところですが、まずは日々の学習結果を確認しながら正常動作を行うか2週間確認する予定です。

安定稼働が見込めそうであれば、8/31より稼働開始します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました